検索

これからのweb3.0

いつもお世話になっております、投資家集めを協力いただいている方にチャンスを頂き、Web3.0の勉強会をさせて頂きました。


その内容ですが、

Web 3.0とメタバース、NFTのブームが昨年から世界的には突然巻き起こりましたが、日本はまだ遅れている実態を説明しました。それでもメタバースとNFTは盛り上がってきていると思いますので、結局Web 3も盛り上がる運命にあると考えており、メタバースを検討していくと、どうしてもトークンエコノミーが必要になるという関係とNFTのでデジタルアセット管理との親和性が高いことを説明しました。 恐らくまだ、Web 3.0でプロジェクトを行なっている人口はまだ国内には多くなく、みなさん(勉強会に参加頂いた影響力のある方々)と体系化したいというのが私の願いです。(日本のスタートアップに世界で活躍して頂きたいです。) 先にトークンを上場して資金調達して、開発を進めてトークンエコノミーが成立したら、更に大きく資金が使えるようになるというパターンを実現できるかという問いであり、スタートアップ育成の新しい形になるのかもしれません。歴史を考えるとイーサリウムやエイダという有名なトークンは実現(厳密にはこれらのトークンはICOを利用)、取引所がこれほど存在しているのは現在なので、単純比較は難しいですが、これから世界にもWeb 3.0の成功するプロジェクトが出てくることが予測されます。(そのように予測しているがトークンに直接投資している海外のVC(a16zが有名)や取引所ということになるかと思います。) 私が進めておりますプロジェクトで、Web 3.0の進め方の成功事例をぜひ作りたいと考えております。 スタートアップを育成するという意味で、Web 3.0を体系化して、もっと相応ししいテーマ(勉強会に参加されていたスタートアップの社長のテーマなど)を皆さんと協力して進めるという形にできるように進めたいという勉強会をしました。 少し、事前に調べてみて、いろいろな統計があるのでこれが妥当かは意見があると思いますが、 昨年から、Web 3.0は突然盛り上がり世界では3兆円(ここにはメタバースは入って無いように思えます)が投資されたそうです。(その金額は過去6年間の投資より大きい) つまり、現在はWeb 3.0の時代がとても注目されているのは事実であり、日本からも負けないように頑張りたいという情熱をお伝えしました。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示