検索

イメージトレーニング

最近凝っております、自己肯定感を上げる方法ですが、その方法の1つに、将来の理想的な姿を考えて、実現していると信じてみるというエクササイズがありました。



こちら、人間の脳の性質から考えると実はとても合理的な考え方となるそうで、人間の脳のフィルタリング機能(RASと呼ばれる)を有効機能させる方法として、なりたい状態をイメージして、既にその状態にあると思うことで、脳が自動的にその差を検知して、なりたい状態に導いてくれるということになるそうです。


昔から、有名な「引き寄せの法則」も同じようなロジックだっと記憶しておりますので、なりたい自分、理想の状態をイメージするトレーニングは自己肯定感Upにとても有効なトレーニングということになるそうです。

なお、私もこのエクササイズを実際にトライしてみたのですが、


1)物欲の意味で、実はほしいものはもう特にない(家、車、その他)

2)理想的な状態では不安がないこと (なお、現在のスタートアップ挑戦状態は将来どうなるか不安があります、、、)

3)最近の趣味である、神社を巡りながら散歩をする余裕があること

4)これまでの経験を体系化して情報提供をしている状態(=私が成功したら役に立つ情報を提供すれば良いですし、失敗については、このようなことをしたら駄目だと共有できなるなと)

5)実は、海外環境(特に海の周りが好き)で何の不安もなく散歩できる状態になること


などが、浮かびました。

少しこのエクササイズに挑戦してみて、

贅沢をしなければ、もしかしてもう達成できるのではないかと思ってしまったことと、挑戦のまだ途中なので、挑戦する限りリスクを更に取る必要があり不安が増えていく可能性があるなと、、、

でも挑戦しないときっと今は良くても更に将来の自分としては後悔する可能性が高いなと、、、

まとめると


私の理想の状態は

現在の挑戦に一定の成功を収めて、協力してくれた方々にお礼ができる状態になり、不安なく趣味の散歩ができること(海外の海の周りでも)


と現在はなるのかなと考えております。


私自身は物欲として欲しいもの特にないので、家族や両親にそして社会にもっと貢献できるとより幸福度が上がるに違いないと思いました。

やってみると結構、深い(考えさせられる)エクササイズだと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示