検索

インターネットの弱点とは?

私は元エンジニアですが、技術的に今の技術を完全に理解しておりませんので、あくまで起業家(ビジネスサイド)の視点から書いています。その答えは色々あると思いますが、一番は価値を伝達できなかったことだと言われております。

つまり、インターネットは仕組みとしてどんな情報を流すことも可能ですが、価値がある情報=正確な情報であること、複数のメンバーが参加しても誤解がないことなど、色々な観点でまだ弱点があると言われています。改竄された情報を見極められない、つまり偽札を流通させてしまうことが起こりうるということです。

この状況を打開する技術がブロックチェーンだと言われており、価値を伝達する新しいインターネットとして期待されてはいますが、技術的にまだまだ足りないところもあるようです。特に、処理スピードがどうしてもブロックチェーンは遅くなると言われています。

現時点では、インターネットとブロックチェーンを組み合わせて仕組みを作る必要はありそうですが、私が目指しているのは、

いわば『価値を伝達できるインターネット』です。

ブロックチェーンは今のところ仮想通貨ではかなり成功していると言えるかと思いますので、その考え方を発展させれば実現可能ではないかと考えております。

価値を伝達できるようになるとは、私が実現したいテーマである、人間関係はそう簡単には伝達できないと思いますが、信頼できる専門家を伝達するというのが私が目指していることですので、デジタルを活用して近い将来に達成を夢みております。

私が実現したいのは、価値を伝達できるインターネットということになります。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#インターネットの弱点 #元エンジニア #ブロックチェーン #価値を伝達できるインターネット #東大式

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示