top of page
検索

インバウンド×地方創生

コロナの前のレベルに既にインバウンドは戻っている場所が多数あるそうです。そういえば、都心も外国の方々増えたなと思っておりましたが、既にコロナの前のレベルを超えて海外の方々が訪問されているそうです。


円安の影響もあり、インバウンドは一気に復活したところもあるそうです。特定の地方においては、コロナ前の2倍以上の消費がされている状況になっており、改めて人手が不足するという課題も出ている状況と報道されています。


東南アジアの方々が意外にも地方に多く訪問される傾向になり、ネットの時代らしく、地方の美しい自然(日本では意外に注目されていない場所)を体験するために訪問するという傾向もあるとのことで、地方創生のキーワードとして改めて外せないのが、海外からのインバウンドとなるのかと思います。


地方の魅力的な資源をうまく、海外のインバウンド需要とマッチングすることができると、これまでの市場規模と異なるマーケットを開拓できることがわかってきているようです。


課題としては、コロナの影響で多くの人々が観光業から離職されており、改めてサービス体制の構築をしていくこと、また、自動化の推進ということになります。


日本の人気の場所は想像通りですが、温泉街となるそうです。温泉が人気なのな予想通りですが、ゴルフ場が人気の場所になるそうです。


韓国などでは、ゴルフ場は実は日本よりも高額になるそうです。中国などでもそういえば、ゴルフ場は高いと聞いてますので、日本に実は多数あるゴルフ場の有効活用もインバウンドを伸ばすという意味において有効であるというのは興味深く思っております。


コロナ後の日本の復活が楽しみなニュースだと思います。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page