top of page
検索

ギャビンウッドの記事から

Web 3.0を提唱している有名な起業家(学者)であるギャビンウッドの記事を読みました。


現在は、リスボンで開発を進めているようです。有名なチェーンであるポルカドットの開発をリードしているのが、ギャビンウッドとなります。


FTXの破綻などあったので、少しは悲観的なのかなと思いましたが、逆にこれからがチャンスという見解を述べており、確かにそのように捉えることもできるかと思いました。


世界には、現在フェイク情報が散らばっており、戦争でも選挙でも活用されるという問題があり、特定の組織が信頼できるかと言えば、逆に組織的に利用されるということもわかっております。


特定の組織に依存しない信頼保障の仕組みとしては、Web 3.0が提唱するような信頼のネットワークを構築することは逆に、これから更に重要になったと考える事ができます。


ビットコインの将来価格を予測することは大変困難なのですが、確かにビットコインのような考え方のトークンは理想的であり必要だと私もギャビンウッドの記事を読んで納得していたりします。



サイバーセキュリティという意味では、ブロックチェーンだと安心という訳ではないため、今後必要なのは、信頼できる仕組みを信頼できる組織がスタートして、分散的にしていくなどのアプローチもあるのかと考えております。


その例となると、デジタル庁が提唱している、マイナンバーカードの活用にWeb 3.0のアイデアを入れていくのが1つのアイデアとしてあり得るのはないかと考えております。


ギャビンウッドの提唱しているアイデアの応用系であり、

アイデアに挑戦する機会を活かしたいと考えており、協力して頂く方々に大変感謝しております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 代表取締役CEO

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page