検索

クロスデジタルタウン構想

クロスデジタルイノベーションの新しいサービスとなるクロスデジタルタウンについて紹介してみたいと思います。


当初は、AI及びFintechの技術を活用したAI 保険Payと呼んだ方が良いかもしれませんが、最終的には、これまでのデータや知見を活かして立ち上げる予定ですが、1つの町つまりタウンを作りたいと考えております。


魅力的なデジタルタウンになることが目標ということになります。


デジタルタウンなので、段階的に都市開発をしたいと思いますが、色々なサービスを誘致していきたいと考えております。


重要なコンセプトは人口を増やすことです。具体的には、各個人のアバターを作成して頂き町で暮らすイメージを再現していきたいと考えております。サービスを提供する色々な専門家及び、知見を持ったAIも誘致するイメージでおります。


更に今のところ考えているのが、デジタルといえば今流行りのNFTコンテンツの提供を早期に実現したいと思いますが、ゲームの仕組みもうまく誘致したいと考えており、ゲームの会場も誘致することが予定に入っております。


各個人の能力をAVATARに表現して頂き、AVATARが町で働くイメージを再現したいと考えております。つまり、何らかの専門家の方々はサービスをAVATARにして町で提供することが可能になります。


過去のブログでデジタルツイン構想に触れたかと思いますが、新しく提供するサービスはこれまでにないデジタルタウンという野心的な目標を目指していきたいと考えております。


提供できるサービスは衣食住に関わる全ての実装を目指していく予定です。事業提携の順番としてはまずは金融系のサービスが主となると考えておりますが、デジタルマネーなどに関わるサービスをまずは実現したいと思います。私の中には、実現したいデジタルタウンの夢は膨らんでおりますが、今後定期的にプランを説明していきたいです。


まずはできるところから段階的にトライしてみたいと考えており、AI 保険Payと呼ぶサービスを完成させて、その先にクロスデジタルタウンとなるのかと考えております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#クロスデジタルタウン #AI保険pay #デジタルツイン構想 #アバター

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示