検索

コロナの収束とアナログの復権

コロナの影響で、この一年ほとんど東京を離れたことがない私ですが、アフターコロナを考えてみると、やはり世界は広いので、ビジネスを展開するなら、世界でと夢を持っております。なお、最近は東京すら離れることが難しい雰囲気なのでまずは東京を離れて日本国内から少し旅してみたいと憧れていたりします。


クロスデジタルイノベーションでは、全国各地の方々から協力をいただき全国でイベントを展開しておりますが、今回のコロナの影響もあり私は実際に視察をする機会は無い状況です。

(スタートアップなので、交通費を浮かすという意味で、私はイベントがうまくいくことを東京から祈るという役割に仮にコロナが無くてもなっていたかもしれません。)


どんなビジネスモデルにトライするにしても、東京からの視点と日本であれば東京以外から考えてみた場合、また世界展開を考えて日本以外の国々からビジネスを眺めるのは違った姿になるのであろうと想像しております。残念ながらコロナの影響はしばらく残る可能性がありますので、まずは日本国内をコロナが少し収まったら旅してみたいと思います。更に、日本の外へと、、、コロナで良くも悪くも色々な国々で変化していることが予測されます。


日本国内においては、コロナの影響でデジタル化が進むという意見もあり私もその推進を目指している立場にありますが、ビジネスを考えるにあたり人間はデジタルな存在では無いので、何か違う視点があるといつも考えてビジネス展開を考えております。


デジタルは重要だと思いますが、コロナの状況が改善されたらアナログの復権もあるのでは無いかと少し考えてみたりしております。コロナの緊急事態宣言はいつ終わるのかと思いながら。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#コロナの収束 #アナログの復権 #クロスデジタルイノベーション #ビジネスモデル #デジタル

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Copyright ©2019 FP Renaissance. All rights reserved.