検索

コロナ禍転じて

私のインプットは、読書と人に会うことが中心です。旅については厳密には最近は家族旅行でしか行っていないので、あまりしたことがありません。なお、出張は割とコロナ禍の前は色々な国に行っていましたが、ビジネス関係なので旅とは呼べないと思います。

ライフネットの創業者の出口さんによると勉強方法として、

読書

人に会う

旅に出る

を推奨されておりますが、はじめのふたつまではコロナの前は私も良く使って勉強をしていました。最近はコロナの影響で少し人に会う機会が減ったなと感じております。

ここでいう、人とは現在進めているビジネスとは直接関係ない人々に会ってみることを指しておりまして、昔(コロナの前) は仕事がコンサルティング会社の社長として色々な人々を採用することでした。新しいビジネスパートナーを探していたこともあり、現在のスタートアップ関係の仕事よりもある意味色々な人々にお会いしていましたが、目的が限定されている関係でお会いする人々の人種は少し同質化していた気がします。

現在はスタートアップの仕事ですが、お会いする方々の種類が変わってきており、

コロナの影響により

人に会う機会(数) は減ったものの

職種を変更した影響もあり質は変わってきたという感想になります。

これまでにないタイプの人の例としては、

政治家の方々

投資家の方々

起業家の方々

など、今までない人々にお会いする機会がありました。いわばコロナ禍のお陰で政治家の方々にはお会いできたこともあり、私にはコロナ禍は、まさに禍転じてではありませんが、これまでにない出会いの機会を与えてくれたことになります。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#アフターコロナ #スタートアップ #ピンチはチャンス #コロナ禍のお陰

23回の閲覧0件のコメント

Copyright ©2019 FP Renaissance. All rights reserved.