検索

コンサルは儲かる?

昔から関与してきた業界ですが、最近は離れていた業界の構造について改めて考えさせられましたので、本日は触れてみたいと思います。


良いか悪いかは色々と議論になるかと思いますが、改めてコンサルティング業界は儲かる業界なんだと思いました。

というのが本日の結論となります。


コンサルティングのターゲットとなるのは一般的には大企業となりますが、企業には多数の課題がありその大きさと複雑さを考えると、内部で解決するよりも、テーマによっては外部の力を借りて解決するというのはあり得るということで、現在は物凄いコンサルティングブームとなってます。

コンサルタントとしては、自分の腕を磨きながら、色々な課題に挑戦できる、しかも早いうちから挑戦できます、また普通に事業会社に所属していたら挑戦できない課題に挑むことができるのが魅力だと言えます。


金融業界の具体的な事例としては、

メインフレームと呼ばれる巨大なこれまでの事業を支えてきた仕組みを思い切って刷新するというテーマなどが例として上がります。


また、話題となるデジタルの活用についても、大企業の既存リソースだけで対処するよりも、色々な経験を積んでいる外部のコンサルタントを活用したいという流れになることも現在の複雑かつ早いスピードで物事が変わる時代にはありえることかと思います。


課題を整理して、解決していく仕組みを持つコンサルティングファームはこれからも花形産業として成長していく

特に、国内の年収水準を上げていく意味では重要な存在になるのかという印象を最近活動で持っております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#コンサルティング業界

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示