検索

スタートアップと資金調達

資金調達力はスタートアップでは外せないテーマだと思います。よくも悪くも、スタートアップにどっぷり関わっておりますので、有名なファンドの方々と次々とお会いしております。

感覚的に、どのように説明した方が良いのかわかってきておりますが、結局、スタートアップはビジョンが全てと言えるかと思います。

特に、数字がまだはっきり定まらないスタートアップでは、ビジョンの大きさを創業メンバーが如何に上手にプレゼンテーションできるかでバリュエーションに5倍から10倍の開きが出るのではないかと言う経験則を持っております。

割としっかりとしたプロダクトがあるのに、思ったほど価値が高くないところもあれば、プロダクトは無いですが、ビジョンを説明する力で既に50億円を超えていく評価を得る会社もあります。

企業の価値は一般には、将来の可能性で評価されます。その可能性とリスクを評価して決まるものであると思うとこの差も当然と言えば当然だと思います。

私の立ち上げたクロスデジタルイノベーションは、壮大なビジョンと堅実な収益モデルの乖離が激しく、どちらで評価した良いのかということを、今のところプロのベンチャーキャピタリストからはよく聞かれております。

なお、日本にもエンジェル投資家と言われる所謂、リッチな人々が少なからず存在しており、少しずつそのような人々にお会いする機会も出て参りました。

私のようなモデルはもしかしたら当面はエンジェル投資家に出資をお願いするのもありのようです。

かなり多くの投資家の方々にお会いする機会を今回の挑戦では頂いており、これはこれで本当に素晴らしい経験をさせて頂いていると運命に感謝している次第です。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#スタートアップ #資金調達力 #エンジェル投資家 #クロスデジタルイノベーション #ビジョンがすべて

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Copyright ©2019 FP Renaissance. All rights reserved.