検索

スタートアップの資金調達の真実

スタートアップの資金調達の真実(少なくとも日本においては)を本日は書きます。


これまで色々と試行錯誤してきましたので、これまでやってみてわかったことです。


1)なかなか本物の資金調達のアドバイスをくれる人々はいない

2)なかなかエンジェル投資家には出会えない

3)VCは敷居が高いあるいは、評価が低くなる傾向にある


となります。


私のような起業家にとり相性が良いのは


1)事業シナジーがある事業会社

2)但し、事業会社中心で進めるとVCは当面使えない状況になる


と言うことがわかりました。


いいか悪いかではなく、日本ではなかなかビジョンだけではお金は集められないし、硬すぎるモデルもあまり好まれないので、


適度にリスクを取る一定の分かりやすさがある事業が好まれるのかなという印象です。


マザーズの株価をみて意外だと思うのが、単なるコンサルティングファームに高い評価がついていたりしますので、

リスクは高くなく手堅く儲かるコンサルティングのモデルに何か、プラットフォーム的な事業をたせるとかなり良いストーリーになるのだろうと想像しております。


私が手がけている事業群は壮大なビジョンに、派手に資金投下が必要なタイプですのでそう簡単ではないと言うことだけわかりました。

過去より説明しておりますが、これまでにない方法で挑戦しておりますので、特に私が気にすることでもないのですが、一派論として本日の内容はわかってきたことなので参考にして頂く方々がいたら嬉しいなと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#スタートアップ #資金調達 #起業家

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示