検索

スタートアップの3つの悩み

標題の答えはずばり


1)資金調達

2)人材

3)事業開発


ではないかと思います。


まずは、どんなアイデアを実現するにしても資金は必要ですので、資金を集めることが必要です。現在、私も苦労している(厳密には、相当恵まれているとは思いますが)ので資金を集める力がスタートアップの成功を分けると思います。

(なお、令和の資金調達という資金調達の歴史を変えるスキームに挑戦しておりますので、成功すると歴史を塗り替えるようなレベルであるような気がしています。)


私の場合、1の資金調達が見えてきたので次はどうしようかと思うと、やはり才能ある方々がもっと欲しくなります。スタートアップの宿命として戦力が充実しているということは一般的にはないのですが、資金が調達できたとしたら次は、より強化したくなるのが人材のエリアだと思います。

普通は採用できないと考えて戦う必要があるのも事実ですが、資金が調達できたならはやり人材をもっと強化したくなると思います。


そして、どんなビジネスも市場開発が必要であり、事業開発という表現か、事業を急速拡大できるような事業会社と提携したモデルを実現したくなると思います。


資金が調達できて、人材を最低限のレベルで揃えることができて、事業開発(事業提携)ができればビジネスは周り始めると思いますが、一番大事なのは、巻き込む力なので、結局重要なのは何を実現したいのかというビジョンと感謝の気持ちで周囲を巻き込む力があれば本日の悩みは実は解消してしまうのではないかと思います。すなわち悩みとその悩みに対する処方箋ということになります。


私も考えてみると、ビジョンを語り続けることで必要な人々に助けて頂いていると感謝しております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション最高経営責任者CEO


#スタートアップ #資金調達 #人材 #事業開発

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示