top of page
検索

チャンス到来か


藤井秀樹4月11日(火) 6:50 (13 日前) To 自分 金融不安が高まっているという報道が、最近よくされている印象です。リーマンショックの再来のようなことがあるのかどうかという論調でかなり話題になりつつあります。 有名なシリコンバレーバンクの破綻の問題で連鎖的な銀行の破綻が続くのかどうか、インフレと関連しているかと思いますが、住宅価格が世界的に上がり続けてきたかと思いますが、このタイミングで価格の下落からリーマンショックのような問題に発展するのかというような点が懸念されています。 日本国内では、バブル以来の不動産価格の上昇基調が続いておりましたので、このタイミングでの見直しは少しやむ得ないかとおもますが、少し調べると首都圏のマンション価格はかなり上がっていたようです。(中古マンションは9年間で50%以上アップ) 上がり続けた価格に見直しが入り、調整が入りそうなのが現状ということになりますが、リーマンの時ほど無理な不動産投資をしてきたわけではないので、リーマン級の問題が発生するとしたら異なるシナリオになるのかと思います。 インフレの抑制と金融安定のバランスをとりながら、安定した経済に持っていくというのはかなり難しいタイミングなのかと思います。

国内の消費者の立場だと、インフレでこれまでにないレベルで色々なものの物価が上がっている印象であり、為替動向も円安が進んでいますので、不安の要素は多数ということになるのかと思います。 市場の先を読みながら、チャンスを探していくという習慣がこれから更に重要になるのかなと考えております。 リスクが高い時期ですが、チャンスは結果としていつの時代にもあるのかと思いますので、探していくべきと報道を見ながら、狙いを定めていくべしということと考えております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page