検索

デジタルインクルージョンとは

デジタルインクルージョンというキーワードを前回書きました。


良く考えてみると、その言葉の内容を説明していなかったなと思い、連続になりますが本日はそのテーマで書いてみたいと思います。


一般に、最近フィンテック業界で人気のキーワードとなっておりますのが、

フィナンシャルインクルージョンです。


ユニコーン企業が多く最近多く輩出されているキーワードとしてはNo1だと実はモーニングサテライトでも取り上げられていました。


意味としては、金融サービスを誰でも受けられるようにすることを指しているそうです。


日本国内で今後施行されるペイロールのデジタルマネー払い(ペイロールカードともよばれています)は、元々は銀行口座を保有していない人々に対して、給与(ペイロール)を支払う仕組みとして海外から輸入されようとしているコンセプトです。


日本の場合は、銀行口座を持っていない人々というのがあまり存在しないため、イメージが湧かないのですが、全世界を見たらおよそ半分の人口が銀行口座を持っていないため、一般的な金融サービスにアクセスできない状況にあると言われています。


フィナンシャルインクージョンでは全ての人に金融サービスを提供するという意味になりますが、


私はそのキーワードに触発されて

デジタルインクリュージョンという概念を提唱したいと考えております。


つまり、全ての人々がデジタルの恩恵を受けれる仕組みを作ることが私の夢であり使命であると考えております。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者 CEO


#デジタルインクルージョン #ペイロールカード #金融サービス

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示