検索

デジタルカレンシーの3要素

改めて私が目指しているビジネスモデルを完成させるために考えていることです。


特許の取り方もまだ十分とは言えないため全てのアイデアをここで公開するわけにはいかないのですが概要についてまとめてみたいと思います。


デジタルカレンシーとして必要なのは3種類(実際に3つ発行するのか、1つのデジタルカレンシーに3つの側面で設計するのか)だと考えております。


トークン#1:XDIを日本及び世界に展開することを目標にしたトークン


トークン#2:送金・決済に使うためのトークン このトークンはとにかく使って頂く必要があるトークンで価値が安定しているあるいは、使わないと価値がなくなるようなトークンをイメージしております。現実世界では、マイレージとかが近いのではないかと考えております。


トークン#3:Trust Score用のトークン このトークンが私の考えているビジネスモデルの核心になります。色々なアイデアが考えられますが、私が現在考えているのは世界の人口と同じだけトークンを発行して、各トークンには世界の各人間の特徴をコピーするイメージを考えております。個人情報保護はもちろん考えますが、本人確認がしっかりできているトークンというコンセプトを完成させたいと考えております。


トークン#1、#2そして#3は同じトークンで表現することも可能かもしれませんが、プロジェクトとしては3段階で進めた方が良いことと、種類が恐らく異なるので3種類のトークンとして開発していくことが、私が現在考えている方針です。


その場合、

トークン#1は完全にXDIの日本及び世界制覇を実現するためのトークン(既に存在しているトークンの活用や現在、事業提携、そして共同で進めているプロジェクトの活用など色々と検討中)であり、トークン#2はペイロールカード用のトークンということになると思っております。


そして、トークン#3は難易度が高いですが、私の夢(目指しているビジネスモデル)を実現するトークンになると考えております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#デジタルカレンシー #トラストスコア #トークン #XDI

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示