検索

デジタルマネーとデジタルカレンシー

デジタルマネーとデジタルカレンシーについて異なるものであると整理されています。

なお、私は最近までなんとなく使っていた言葉で厳密には違いがあるというのは最近改めて、Fintechのスタートアップに挑戦している(厳密には、デジタルカレンシーでの資金調達を研究)関係で研究を始めたためです。

現時点での私の理解では、前者は法定通貨であること、後者はビットコインのような仮想通貨を指しているということです。

法定通貨には当然ですが消費税がかかりませんが、仮想通貨であるビットコインは昔購入されていた方々は経験があるかと思いますが、消費税がかかっていました。なお、今この消費税はかからなくなったようです。ビットコインは消費税非課税の整理のようですが、全てのトークンが同じ整理なのかは注意が必要そうです。

オリジナルのデジタルカレンシーを開発したいと考えている私にとって、そのプロダクトの性質により依然消費税がかかるかどうかの定義は非常に重要です。現時点では消費税が掛からないように設計をしなければいけないとだけ理解しております。

また、デジタルカレンシーの売買による利益に関しては個人売買の場合は雑所得となり税率は高いです。そもそも通貨を売買して税金がかかるという感覚に一般には驚かれるかと思いますが、現時点ではデジタルカレンシーの売買には税金がかかりそれも最も不利な雑所得となっています。

私の周りにいる仮想通貨の長者達は雑所得を避けるべく、色々な対策をされていると伺いましたが、確かに節税対策は必要だろうなと思う次第です。私が実現したい自律分散型の情報銀行においてデジタルカレンシーの相性は非常に良いため、オリジナルのサービスを開発したいと思っておりますが、消費税と売買益に課税されることを勘案してベストなサービスを考えてみたいと研究をしております。

資金調達としては、冷静に考えてみるとデジタルカレンシーでも可能です。

デジタルカレンシーと所謂法定通貨での資金調達を組み合わせて今後最も有利な資金調達スキームについても研究をしたいと考えております。デジタルマネーとデジタルカレンシーについて異なるものであると整理されています。

なお、私は最近までなんとなく使っていた言葉で厳密には違いがあるというのは最近改めて、Fintechのスタートアップに挑戦している(厳密には、デジタルカレンシーでの資金調達を研究)関係で研究を始めたためです。

現時点での私の理解では、前者は法定通貨であること、後者はビットコインのような仮想通貨を指しているということです。

法定通貨には当然ですが消費税がかかりませんが、仮想通貨であるビットコインは昔購入されていた方々は経験があるかと思いますが、消費税がかかっていました。なお、今この消費税はかからなくなったようです。ビットコインは消費税非課税の整理のようですが、全てのトークンが同じ整理なのかは注意が必要そうです。

オリジナルのデジタルカレンシーを開発したいと考えている私にとって、そのプロダクトの性質により依然消費税がかかるかどうかの定義は非常に重要です。現時点では消費税が掛からないように設計をしなければいけないとだけ理解しております。

また、デジタルカレンシーの売買による利益に関しては個人売買の場合は雑所得となり税率は高いです。そもそも通貨を売買して税金がかかるという感覚に一般には驚かれるかと思いますが、現時点ではデジタルカレンシーの売買には税金がかかりそれも最も不利な雑所得となっています。

私の周りにいる仮想通貨の長者達は雑所得を避けるべく、色々な対策をされていると伺いましたが、確かに節税対策は必要だろうなと思う次第です。私が実現したい自律分散型の情報銀行においてデジタルカレンシーの相性は非常に良いため、オリジナルのサービスを開発したいと思っておりますが、消費税と売買益に課税されることを勘案してベストなサービスを考えてみたいと研究をしております。

資金調達としては、冷静に考えてみるとデジタルカレンシーでも可能です。

デジタルカレンシーと所謂法定通貨での資金調達を組み合わせて今後最も有利な資金調達スキームについても研究をしたいと考えております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#デジタルマネー #デジタルカレンシー #仮想通貨 #資金調達 #フィンテック

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示