検索

デジタル証券

デジタル証券について、最近少し話題になるようになってきた印象です。(もしかしたら、再び私が注目しているからかもしれませんが、、、)

3年前くらいに結構デジタル証券(資産のデジタル証券発行=STO)については盛り上がり、もっと早く一般的になるのかなと思っておりましたが、その後少し業界は静かになり、これから再び盛り上がるのかなというのが印象です。

クラウドファンディングとの違いや、そもそも流動性が高い資産については、既にデジタル化して発行する仕組みが存在しておりますので、STOはどんなテーマだと相性が良いのかというのが今後確認していくべきテーマの1つだと考えております。

国内では問題となって、色々と規制が入っているトークン発行(ICOと呼ぶべきかは議論が必要ですが、資金をある程度集めて、トークン上場をさせる方式)ですが、Web 3.0の盛り上がりにより、再び注目されているという印象です。ビットコインの価格は下がっていますが、依然、大手の仮想通貨取引所は元気なようで、新しいプロジェクトを見つけて、取引所の上場させるというモデルはグローバルでは活発なようです。

日本の法令に従い、STOできたとしても、ターゲットが国内だけになることと、セカンダリーと呼ばれる流通面ではグローバルに展開するトークン発行の方が有利ということになります。

日本の強みである、コンテンツを活かしていくという意味では、国内ではSTO的な形で、しっかり展開をしながらも、グローバルにはトークンを発行するようなモデルでないと、もしかしたらうまくいかないのかなとも想定しております。


現在考えておりますアイデア(有識者とも協議しております)はコンテンツをメタバース内で展開する仕組みを構築する

つまりメタバース内の映画館やコンサートホールを構築していく、そこに提供されるコンテンツが日本の誇る一流コンテンツであることを保証できた場合には、いわゆるキャッシュフローが見えますので、メタバースのイベント会場(つまり不動産)をSTOすることが可能になると想定しております。

定義上、一流ではないコンテンツを配信するにはリスクが伴いますので、そのような場合には、グローバルレベルで支えてもらう必要があるため、メタバース自体の経済圏をトークン化して、世界の取引所から資金を集める方式になるのかなと(こちらWeb 3.0型の資金調達と呼ばれます)

STOといわゆるWeb 3.0トークンエコノミーを両立するようなモデルが今後有りうるのか研究していきたいと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示