top of page
検索

ナレッジマネジメントとAI活用の最適化

ChatGPTやその他、Generative AIの登場により、かつてのPRAのようなデジタルブームが来る予感がしております。


あまりに進歩が激しいAI技術という感じになっており、メタバースよりもまずは先にAIというのが現在のスタートアップ業界でもテーマになっていると報道されています。


メタバースに力を入れることを提唱して有名なザッカーバーグも現在の戦略として、短期はAIそして中長期ではメタバースという戦略変更をアナウンスしている模様です。


少し触っただけでも凄い革命を起こしそうなChatGPTなどのAIですが、知識労働者はこれまでナレッジを活用して言葉で仕事をしてきたとも言えますので、どのような企業でもまずはナレッジを整理するナレッジマネジメントと、外部の巨大な知見を生かすAI活用の組み合わせの最適化が論点に急速になると考えられます。


顧客応対にはまだ早いという評価もある一方で、既に使えるのではないかということで、事例としてはかなり専門的な内容(初期の医療に関わる診断)にも活用されているという話も伺っております。


知見を可能な限り集めて、整理して使えるようにするという流れが急速に発展するということは容易に想像できる流れとなりますので、ホワイトカラーの仕事に大きく影響を与える可能性があるのが、今回のAI革命となるのかと思います。


RPAとAIの組み合わせも考えられますが、まずはAIの活用ブームが一気にくると予測しております。


データの管理を主要な論点であり、正確な情報をいかに管理するかというセキュリティに議論も急速に整理がされる必要があるかと思います。


AIを有効活用する仕組みの確立がデジタルブームを更に進めることになるというのが私の予測になります。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page