top of page
検索

ビジネスで活用するメタバース

メタバースの活用について、詳しい先生と継続的に議論をさせて頂いております。


メタバースの特徴はコミュティとなるというのが今の所の結論になっております。Web3.0の世界において主役は各個人であり、各個人同士の交流の活性化が最も重要視されるのではないかというのが論点となっております。


アバターとなって交流するというモデルは、現在一部の方々でしか行われていない、どちらかというと、エンタメのテーマを中心とした世界となっています。


ビジネス的な面で、メタバースの活用という意味において、この時点で実は必要なデータが揃っていないという状況であることが明確になってまいりました。


ビジネスとしては、メタバースを活用したら定量的にどのような効果があるかはっきりしていないのが現時点で、色々と議論していることは仮説となっているというのが現状という意見を詳しい方々から習っております。


ビジネスでメタバースを活用するとなると、所謂環境面の制約があり、簡単に実験する環境を整備するところにハードルがこれまではありました。


今回、実験をする上では、課題はあるものの、お手軽に実験できる環境を私が関与しているチームは既に用意できていますので、ビジネス面で色々な実証をして業界のリーダーになれないかトライしたいという議論をしています。


現在議論しておりますメタバースはいわゆる、Web 2.0型のメタバースとなりますのが、現時点でビジネスで活用するとなるとセキュリティ面とインフラ面の安定の担保が必要なため、やむ得ないのかと考えております。


マーケティング面で、メタバースに興味がある方々を集めるという意味においては、既にプラットフォームとして確立している企業とのタイアップは必須でこちらもどこか協力して頂ける企業を現在調整しております。


メタバースの活用面で実際に実験してみてビジネス的にはどのようなことが言えるのか提言していくことが重要になります。


すごい先生方や協力頂いているチームにとても感謝しております。


株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page