検索

ビジネスの進め方

ビジネスの進め方が、コロナの影響で大きく変わってきているという話を、今回一緒に仕事をしている人々から習っております。


皆さん同じことを言われているなと思うのが、リモートワークの活用です。会社としてほとんど同じ場所で働かなくても成立しているそうで、業態がコンサルや開発(特にデジタル)と呼ばれるエリアなのでそうなのかなと思いますが、極端なまでにリモートで業務を進めることができているそうです。

私も彼らとコンタクトするときは、リモート(メッセージ)でほとんど用を済ませており、リモートで指示を受けて、リモートで提案してフィードバックを受けるというサイクルを多用しております。

営業活動で顧客を訪問する部分は、まだ残っておりその部分を除いたら確かにどこで働いても大丈夫という状況になる時代は来そうな感じは今回のような方々と働いてみると予感させられております。

ビジネスのやり方が社会全体でリモートになってくると必然的に重要度がますのが、メタバースなどのコミュニケーション手段ということになりますので、メタバースの普及やコミュニケーションツール(ビデオ会議の仕組み)が発達していくのかと考えております。

対面のビジネスが逆に今後どのように活用されるのかが興味深くなってくるぐらい、現在お世話になっている方々のスタイルはリモート派で未来を感じさせれております。

なお、私はまだ古く対面での営業もかなりしておりますので、もっとリモートを上手に取り入れられないのか研究いていきたいと考えております。




藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示