検索

ビッグデータとAI

大量にデータが生まれる時代が現在です。

EMCのレポートによると、2020年現在において、全世界のデータ量は44ゼタバイトになるそうです。


聞いたことの無い単位かと思いますが、

ゼタとは、

ギガの1000倍がテラ

更に、1000倍がペタ

更に、1000倍がエクサ

そしてその更に1000倍になるそうです。


つまり、44兆ギガバイトが全世界のデータ量ということになるそうです。この量は約8年で10倍になったそうで、今後も指数関数的に増えていくと言われております。


私もかつてエンジニアでしたので、データ容量には親しみがありますが、今から25年前は1Gのストレージといえばとても効果でまだその下のメガバイトの時代でした、時代は流れて今のストレージには普通に、テラバイトのストレージが売られています。


驚くばかりですが、これだけのデータが生まれているとなるとそれを扱う側としては改めて、人間の限界はとうに超えており、超人的な仕組み、つまり現在AIと呼ばれる存在のサポートが必須だと思います。


AIが大量のデータから人間にとって意味のある情報(一般にインテリジェンスと呼びます)を抽出する仕組みは改めて今後必須だと考えている次第です。


しかし、この25年でデータ量の増え方は半端無いですね。

メガから

1000倍のギガへ

そして更にその1000倍のテラの時代になっています。

恐らく、あと5年もしたら、ペタやエクサの時代になるのだと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#ビッグデータとAI #全世界のデータ量 #テラ #ペタ #エクサ

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示