検索

ビデオ会議

コロナで明確に増えたのが、ビデオ会議ということになります。

これまでではあり得ない効率で会議をどんどんすることができますので、営業的な仕事をされている方々から見たら革命的だと思います。

あるいは、企業のマネジメントの方々からしてみても、これまでにない効率で業務を推進できる可能性が出てきていると思います。

ビデオ会議でほとんどの業務がこなせるなら、確かに原則をリモート(在宅勤務は勿論ですが、ワーケーションと呼ばれる)で仕事を進めるというスタイルがどんどん増えてくるのかと思います。


同じオフィスに集まって仕事をするとメリットがある業務もあると思いますので、全てがリモートというのはまだ慣れていないのですが、この流れはコロナのお陰で物凄い加速したのは事実だと思います。

メタバースのVRの時代が仮に来たら、メタバースのオフィスで一緒にチームで働くことも可能ということになりますので、もう一段違うレベルに働き方が変化していくのだと思います。

既にメタバースに勤務するというアイデアと一部取り入れている企業もある模様(報道や実際に伺った話として)ですので、これまでとは違う時代が来るなと、私ですら感じております。(実はビデオ会議は苦手で対面でないと会議できない古いタイプの人間でしたので)

もうすぐ、コロナは国内でも収束の報告に向かうと言われておりますが、デジタルの流れであるビデオ会議はすっかり定着したのではないかと考えております。

コロナが残したデジタルトランスフォーメーションの1つかと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示