検索

プロジェクトの三本柱

現在進めているプロジェクトは3つのテーマを同時に追求し始めています。

スピードの速い暗号資産産業において、日本から世界と戦うには必要なこととは思いますが、同時並行で3つを追求できるのは私としてはとても楽しいです。


その1)オラクルとスコアリング

その2)NFT

その3)Defiの活用


ということになります。


その1はテーマ的にクラッシックですが全ての基盤となる挑戦になります。正確なデータを蓄積及びデータとして交換することはインターネット業界の悲願だと感じています。正確なスコアリングをするためには正確なデータが必要です。それは簡単そうで一番深いテーマだと考えており、実現するためには今後も多数の挑戦をしていく必要があります。ペイロールのデジタルマネー払いの解禁の動きをチャンスと捉えており、具体的なユースケールができないか調整してみたいです。


その2のNFTは私としては、欲しかった技術が丁度いいタイミングでブームになったという感じです。NFTの考え方自体がオンリーワンですので、私としてはオンリーワンのAvatarを作る、あるいは各個人のIDとしても活用できるので、NFTを活用した色々なビジネスモデルや商品を開発できると考えており楽しみなテーマとなっております。またNFTを活用して現実の不動産の流動化に早速挑戦してみたいと考えております。


その3については、短期的な意味での収益源になると考えております。

一番難易度が高くて収益にならないテーマがその1ということになりますが、その2及びその3の発展のために地道なR&Dをしていく必要があります。その2のNFTもうまく有名人などとコラボレーションしたら収益モデルを作ることができる、また特許などの知財の活用もできると考えています。

一方でDefiは単純に儲かるスキームを色々と開発可能だとみております。ハイリスクですが、ハイリターンのテーマということになります。法令的な整理をしながら、ファンドのスキームも混ぜて収益モデルを高速に立ち上げていきたいと思います。


3つのテーマは相関しておりますが、それぞれ独立で収益モデルを作ることができますので、並行して研究していくのは正しい戦略かもしれないと考えております。


私にとってはとても幸福な環境であると言えるかと思いますので、早く結果につなげていきたいと思います


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#プロジェクトの3本柱 #収益モデル #NFT #Defi

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示