top of page
検索

メタバースと生成系AIの共存関係

生成系AIの盛り上がりに対して、メタバースはオワコンなのかという質問を有識者の方々にさせて頂く機会がありました。メタバースに関しては昨年盛り上がり協会がいくつか乱立している状況です。


協会としては、メタバースで何か事業を構築している事例を集めて共有したいということで活動されているそうですが、まだなかなか良いモデルが見つからないというのが現状とのことです。


メタバースの発展と実は生成系AIの発展は共存関係にあるという意見もあり、どのような共存がありえるのかを、Chat GPTにも聞いてみると


生成系AIとメタバースは、異なる概念ですが、相互に関連する要素を持っています。 生成系AIは、機械学習や自然言語処理などの技術を使用して、テキスト、画像、音声などのデータを生成するAIシステムです。これらのAIモデルは、与えられた入力に基づいて新しい情報やクリエイティブなコンテンツを生成することができます。 一方、メタバースは、仮想現実や拡張現実のようなデジタル空間を指す概念です。メタバースは、現実世界を拡張し、人々が仮想的な世界やインタラクティブな体験を共有・参加できる場を提供します。これには、バーチャルリアリティ(VR)、オーグメントドリアリティ(AR)、仮想空間、仮想通貨、ソーシャルメディアプラットフォームなどが含まれます。 生成系AIは、メタバースのコンテンツ生成や豊かな体験の実現において重要な役割を果たすことができます。例えば、自動生成されたキャラクターやストーリー、仮想的な環境のデザインなどが生成系AIによって支援されることがあります。また、生成系AIを活用して、メタバース内のインタラクションや対話によるリアルタイムのコンテンツ生成が可能になる可能性もあります。 つまり、生成系AIはメタバースのコンテンツや体験の創造に役立つツールとして活用されることがあります。両者の関係は、AI技術がメタバースの発展と進化に貢献していく可能性を示唆しています。 というような見解で、生成系AIの進化により、メタバースのブームが実は再び来るのかもしれない(つまり共存関係にあると)いう議論をさせて頂いております。 なお、これから生成系AIに関する協会も増えるというわかりやすい予測も頂きました。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page