検索

メタバース空間上の経済圏

なんでも、デジタル空間に再現したいと考えております私が進めておりますプロジェクトについて触れます。


現実の世界をNFT化して再現するだと、かなり類似のプロジェクトや既に色々なコンテンツをNFTにして販売するという意味で多数のプロジェクトが存在しております。


また、メタバースをゲームおよびビジネスに使うというプロジェクトも多数生まれております。


既にゲームに関しては、メタバースはあたり前です。

ビジネスにおいてはまだ黎明期でこれから一気に流行する気がしてなりません。実際、今回のコロナ禍が時計の針を5年分は進めてしまっている気がします。


ビジネスにおいてもゲームにおいても今後主流となるのがメタバースの活用だとしたら、メタバース空間に当然経済圏を作ろうとなると考えているのが私です。


メタバース空間に経済圏を作るとしたら重要となるのが、NFTとDAOであると考えているのが私です。


色々な競合が出てくることを見越しており、日本国内においては、既に権利化(特許化)を進めておりまので、Facebook(メタバースのビジネス利用を目指していることをアナウンス)とも戦う(=権利を主張すること)は可能な状態にしております。


DAOの社会適用の論点の方が重要となるのかなとも考えております。


メタバースに経済圏ができる、そして大きくなるとメタバースと現実世界の間でデジタルマネーのやりとりは可能であり、また実現するべきであると考えております。


メタバースの価値を現実世界に反映する手法として有効なのが、NFTとDAOであると考えております。


DAOを現実の世界に適用していくにはどうするかについては、答えの1つがOracleです。


KYC/AMLと呼ばれる本人確認および不正検知とは暗号資産業界の概念としてはOracleということになります。


私の目指しているプロジェクトは

Oracle

スコアリング

DAO


が三味一体となっており、これまでにないビジネスモデルを創造していくことになると考えており、その可能性は無限大と確信しております。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#メタバース #DAO #NFT

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示