検索

ロシアのウクライナ侵攻から考える

前回のブログで書いた壮大なアイデアですが、改めて必要かなと思うような事象が現在起きています。


それは、ロシアのウクライナ侵攻です。


これに伴い、サイバー攻撃をお互いにしているそうで、もしかしたら日本もサイバーアタックを受ける可能性もあると言われております。(実際に、トヨタグループやデンソーがうけている)


文字通り、戦争をしているため、軍事レベルの技術で守らない限り、サイバーアタックを防ぐのは難しいと言われています。(報道されてます)


日本の一般的な中小企業や、医療機関は別の報道でもある通り、あるいは実際に私もその現場にいる者としてサイバーセキュリティへの意識が高いとは言えません。


ゆえに、実際にサイバーアタックを受けてもわからない、あるいは実際に受けてしまうと対処できないという状況は容易に想像されます。


なお、私は一応IT業界が長い方ですので、色々とイメージが湧きますが、関わりが薄い中小企業の経営者や医療機関だと意識すらされていない可能性があると思います。


私が考えている結論は意識しなくても大丈夫な世界を作れば良いというアイデアですので、独自のメタバースを完成させてそこでビジネスをしていただくというコンセプトは実現できると良いなと改めて、


ロシアのウクライナ侵攻のような事象を見て思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#サイバーセキュリティ

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示