検索

ワクワクする未来

メタバースが現在にのように注目を浴びていることは、必然でもあると思いますが、どのタイミングでどのような形で社会に浸透するのを予測するのは難しいと思います。

色々な、書籍が現在登場しており色々な予測がされています。

メタバースの実現には

通信環境がどんどん早くなり、技術的には現実の世界かそれ以上の仮想空間を作りだすことが可能となること、

コンピューターの処理能力がどんどん高くなってきて、大量のデータ処理を瞬時に行うことができるようになることが必要かと思いますが、


両方のテーマとも人類の目指す方向であり、高速通信、高速処理は実現するのではないかと私も専門家の意見に賛成です。

なお、現在の環境だとまだまだ、通信速度も十分ではなく、処理速度も足りないそうです。


現実以上にリアルなメタバースは現在無理だとしても、ゲームのようなメタバースは既に実現可能ですので、時代の必然としてメタバースのブームが再来しているといえるようです。(よく事例として上がるのが、早すぎたセカンドライフの事例ですが、今ならセカンドライフのようなサービスがかなり技術的に成立するそうです)


各個人から見た場合に、魅力的なメタバースでの冒険に必要なのは、私の仮説ではデータとAIの活用をすることだとこの3年間考えており、現在のWeb 3.0につながるような、データ活用の仕組みとほぼセットとなりますが、AIを活用する仕組みについて考えて参りました。


なお、メタバースも現実の世界もどんどん融合していくはずであり、メタバースも現実の世界も共に発展していく前提でデータ及びAIを活用していくような社会が到来することを予測しております。



実現するタイミングについては、私には予測は無理ですが、社会に浸透したタイミングでは、


データの活用 (Oracleデータの活用)

AIの活用 (色々な局面で)

そして、そのガバナンスにはWeb 3.0 のような考え方が浸透している可能性が高いと思います。

上記のような、各個人が自分のデータとAIにサポートしてもらいサービスを提供してもらうとしたら多種多様なメタバースが登場していてもおかしくないと考えており、メタバースは必然的に物凄く普及する時が来ると考えております。


現在既にその潮流になっておりますので、大きくは予測は外れないと考えております。

(未来予測は難しいと思いますので、あてにはならないですが、、、)

ワクワクする未来になるように微力ながら貢献したいというのが私の夢となります。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示