top of page
検索

久しぶりに中国の古典より

久しぶりに中国の古典より、なるほどという言葉がありましたので、取り上げたいと思います。


柔、時をもってのぼり、そんそんにして順、剛中にして応ず、ここをもって大いに享るなり


という句ですが、

こちら、物事をうまく進めるにはタイミングがあるという意味になるそうです。


タイミングが重要であり、無理に違うタイミングで頑張るのではなく時期、環境、場が揃った時を狙うべきであるという内容になるそうです。


またこちらも重要となるそうですが、環境や人に逆らわないこと、そして賢者と言われる人々の応援を得ること、助けてもらうこと


周囲の環境をよくみて、成功できそうなタイミングを見極め、環境は人から助けてもらえるように行動して助けてもらうことが成功の秘訣ということになるそうです。


柔軟にでも、諦めずにタイミングを伺いながら、感謝の心で周囲の人々の意見をよく伺いながら行動するという内容になりますので、言われてみると当たり前なのですが、中国の古典の時代からなかなかそのように行動できないということで、戒めとして残っているのかと思います。



本日取り上げたのは易経からとなりますが、改めて中国の古典は深いと感銘を受けている次第です。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page