検索

人生100年時代のテーマ


人生は100年の時代になったと言われてます。


人生が長くなる時に、気になる3大テーマが


1)お金

2)健康

3)実は、仲間


だと私は考えております。


3つのテーマを一気に解決できないかと考えて始めたプロジェクトが、現在トライしております情報銀行のモデルです。


デジタル分権型の世界を前提にしておりますので今流行しているキーワードであるメタバースを前提にした情報銀行というのが私の目指しているビジネスモデルということになるかと思います。


DX特に、日本で問題となるのが本人の確認つまり、マイナンバーカードのようなIDの一元化となりますが、今後メタバースが普及していくにつれて更に重要になると考えております。


本人のデジタルコピーをメタバース空間に再現する上で、マイナンバーカードのようなIDを確立できると、


本人に対していろいろなサービスが提供することができると考えております。


デジタル先進国と呼ばれるエストニアで実現しているモデルがとても日本にとり参考になると考えております。


情報銀行のモデルをメタバースにおいて、エストニアのような事例を参考にして実現していくことで、

人生100年時代の日本もしくは世界をより良くしていくことができるのでは無いかというのが私の仮説です。


なお、私にとりとても現在が楽しいのは、本日説明したような内容にトライすることでどんどん新しい仲間が増えていることです。


志を諦めない限り、もしかしたらいつの日か目指すビジネスモデルに到達できるはずと仲間がどんどん強力になってきていることもあり、確信しつつあります。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#情報銀行 #人生100年時代 #テーマ

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示