検索

信頼のための三つのカクシン

このキーワードがシェアリングエコノミーの「核心」です。

信頼関係を構築するには一般的には、狭義の意味で相手と長い付き合いがないと成立しないかと思います。


デジタル以前の時代、正確には都市が現れる以前には、人間同士の濃密な関係において信頼関係が成立していること、所謂、地方のコミュニティは沢山ありました。

現在は、そのような小さなコミュニティは激減しているのが実態だと思います。


私が目指しているのは、デジタルを活用して「革新」を起こし、人と人との信頼を復活させること、もっと言えば都市に人間同士のコミュニティを沢山作ることを目指したいと考えています。


デジタルを活用すれば、信頼を構築できるのか?という問いに対して、まだ答えはないですが、シェアリングエコノミーが一定程度成立し始めていることから可能性は今後充分にあると考えています。


利他的な人間を増やしていきたいという私の信念とも関連していると思いますが、信頼関係は利他的な人々の間では簡単に構築できると「確信」しております。

デジタルを活用して利他的な人々を増やしていくということの先に、信頼は成立するという一つの仮説を持っております。


信頼関係のコミュニティを作り、その中でスタートアップをチームで始め、またそれを育成するというようなことが自然発生的に起こることが一つの私の目標です。


藤井秀樹

パクテラ・コンサルティング・ジャパン株式会社 取締役

パクテラ・アジアパシフィック・ホールディングス株式会社 

パクテラ デジタル イノベーション最高経営責任者


#シェアリングエコノミー #信頼関係 #コミュニティ #藤井秀樹 #パクテラデジタルイノベーション #FPルネッサンス

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示