検索

全集中3か月の法則

業家の先輩方に時々、スタートアップ成功の秘訣をアドバイス頂いております。


今回は、私よりひとまわり先輩ですが、起業家としては同じ時期に起業家として活動をしている同窓生からのアドバイス(といってもその方の周りにいる成功している起業家のアドバイス)になりますが、取り上げてみたいと思います。


それは、簡単ですが、短期間の全集中(鬼滅風)となるそうです。


具体的な期間としては、3ヶ月間集中してその事業が果たして立ち上げ可能か全集中でやってみることがとても重要であり起業の奥義であるという内容です。


なお、3ヶ月でその事業がうまくいくのか、もしかしたら全くだめなのかがその期間、自分の全集中の呼吸で取り組むことではっきりとわかるというコツです。


となると、私の考察ですが、プロダクトを開発するR&Dタイプのプロジェクトですぐシステムを作るために何をしたら良いか考えて、見積もりととって、とやっているうちに3ヶ月は一瞬で経過してしまいますので、このアプローチはやはり駄目であり、システムは開発しないというグランドルールがいるなと思いました。(なお、私自身がエンジニアの場合は違うかもしれませんが、エンジニアではないため)


私も昔エンジニアをやっていたこと、所属してきた事業会社だとすぐにどんなシステムを作るのかの激論が始まり、3ヶ月何もアウトプットしないということは簡単に発生していたという事実を反省しております。


3ヶ月でやるとしたら、システムの骨格を見つけることはできると思いますがまずはエクセルで十分だのだということを肝に銘じて進めることも重要というサブの起業の奥義ができるなと考えました。


更にですが、3ヶ月だと何が売れるのかの当たりをつけるのが重要ですぐに、楽に稼げるコンサルティングのテーマに行ってしまうので、この辺りにも反省するべき点があり何かコツがある気がしております。(なお、この観点についてはまだこれだという方法を表現できないため継続して考えていきたいと思います。)


3ヶ月間は全集中で取り組む


というアドバイスは使えるのではないかと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#全集中3ヵ月の法則 #スタートアップ成功の秘訣 #起業 #奥義

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Copyright ©2019 FP Renaissance. All rights reserved.