検索

国家レベルでの技術革新の効率向上のために

国家レベルで技術革新の効率を上げることを考えた場合、日本ではあまり論点になっていませんが、ズバリ「税金を集める」ことが効率のUpになるそうです。日本の円は相対的に信頼されている通貨であり、円で税金を集めるのは当たり前となっていますが、世界の発展途上国ではどの通貨建で税金を集めるかも論点になるそうです。


と先進国にいると当たり前のことが発展途上国では更に、


インフラ(道路や上下水道、エネルギー等)が整備できていないため税金を集めてインプラ投資したいという部分が顕著にあるそうです。上記の内容は、最近指導いただいている起業家の先輩から受け売りとなりますが、なるほどと思っております。


通貨の未来はデジタルカレンシー(厳密にはデジタル技術を用いた価値の交換手段)だと考えていることは過去も述べておりますが、これらの国々においてデジタルカレンシーが導入されて普及するようになる可能性は十分にあり得て、リープフロッグという現象が起きる可能性はあるなと指導を受けて思いました。


日本や世界にある技術を集めて

国の税金を集める仕組みを刷新する仕組みを完成させて

その国のインフラを拡充する仕組みの完成を目指していくというのは、必要なことでありとても意義があることだとロマンを感じております。


なお、本日かいている内容は、ペイロールカードの議論とセットで検討しており、実際に実現可能な技術とチームが私の周囲には集まってきております。


すごいことだと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#技術革新 #税金を集める #デジタルカレンシー

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示