検索

奇跡の蓋然性

令和の資金調達を進めている話は過去より何度か触れておりますが、スキームを組んでくれた先生によると相当調達できるはずと言われておりますので、仮に調達できたとしたらというテーマについて触れたいと思います。


スタートアップが苦戦するテーマがこの資金調達であり、特に私が目指しているビジネスモデルでは資金調達がボトルネックになっておりますので、今回の資金調達プロジェクトが上手くいったら、


1)XDIをまず圧倒的に成長させたいです。

マーケティングコストを投下してこれまで実験してきたモデルをまずは完成させたいと考えております。


2)事業提携&企業を買収

Trust Scoreを完成させるために必要な企業との事業提携(R&D)及び企業買収(M&A)をしたいと考えております。


3)海外展開

Trust Scoreを日本で完成を目指すより、海外でビジネスモデルを完成させることも近道と考えており、兄弟プロジェクトであるE GameとXDI(特に、ペイロールカードも含めて)を海外に展開してデータからモデルを完成させることを狙いたいです。


4)サービスを提供するポータルサービスの立ち上げ

これが一番難しいと思いますが、1から3のサービスを統合するサービス。

個人情報を個人に帰属させて、自分の特徴をTrust Scoreに反映させて、サービスを提供することや、サービスを受けるデジタルマーケットプレイスへの入り口となるサービスを立ち上げたいです。


チームといつも議論しておりますが、少しずつ本日書いた内容に近づいております。


奇跡は狙って起こすものだと考えておりますので、必然的に奇跡を起こしたいです。





#資金調達 #奇跡 #XDI #クロスデジタルイノベーション

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示