検索

定年と挑戦

45歳定年制度が少し話題です。(サントリーの新並社長のコメントより)


日本においては、食べるだけなら、何らかの方法で稼ぐことは可能であるという事実と、少子高齢化が進む中で、労働力は果たして足りなくなるのか?ということが課題になっております。


そもそも、デジタルの時代に、一番の論点は、ミスマッチ(必要とされている人材と供給される人材がマッチしない)ということで、リラーニングと呼ばれる再教育なのかもしれない?などなど、色々な論点があります。


そもそも、日本のサラリーマンは一般的に40代になると管理職となり兵隊というよりは現場から離れて会議要員となるという部分もあるのでそのような要員が増えるくらいなら引退してもらった方が良いという考え方もあるかと思います。


そもそも若いうちの報酬は抑えて、後からもらえるのでその人事制度自体を変えてく必要があるのではないかという論点も出てくるようです。


私個人の意見としては、人生はベストを尽くして生きた方が楽しいので、定年は不要で一生何かに挑戦できた方が良いと考えております。


なので、定年という考え方自体に興味ないというか、必要ないのではないかと考えているスタンスです。


挑戦を続けた先のリターンを若い頃からシェアされるような仕組みと、挑戦する人々を助けるエコシステムの方が日本においては必要だと考えており、45歳での定年を議論するよりも、どうしたらもっと挑戦する人々が出てくるかと考えてみるのも私は良いのではないかなと少し違う軸から状況を眺めて見ております。


引退(定年)よりは何かに挑戦の方が良い人生の気がしており、定年を考えるより挑戦できる環境を考える方が建設的かという見方をしております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#定年 #挑戦

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

XYZ