検索

幸福な社会

当面の私が目指していることは、


より幸福な社会をデジタルを活用して創ることとなるかと思いますが、


一見、壮大すぎるようになりますが、現在のデジタル技術を組み合わせると実現できると考えております。


いくつもシナリオはありますが、


1)信頼できる専門家を紹介するモデルを実現する

2)仮想空間(メタバース)において、もう1つの経済圏を作る

3)仲間と交流する場所を作る


の3つについて取り上げたいと思います。


1)のモデルは、アナログなところもありますが、お金に関する専門家を集めて、全国の方々に紹介するという形についてやっておりますが、必要性があると思うのと、このモデルを追求すると、結果として、信頼のネットワークにつながることがわかってきてます。(=信頼度の高い社会は幸福な社会だと考えております。)


2)については、デジタル空間で各個人が稼げるステージをもう1つ作ることになりますので、デジタルと現実の世界をリンクする仕組み(プラットフォーム)を作り、どちらの世界も有効に活用するモデルにしていきたいと考えております。


3)は、趣味を共通にもつ方々が集まるような仕組みを作りたいと思っております。その場所は、デジタルと現実の世界の両方である必要があると考えており、1及び2のモデルをさらに強化して完成していくと考えております。


このような取り組みで私はデジタルを活用したステージを作ることができる可能性はありますが、主役は各個人であり現在を生きている人間であってほしいと考えております。(なお、デジタルの時代にはかなり精度の高いアバターを作ることもできますので、デジタル空間で生き続けるコピーを作りだすことも可能であり、そのような方向も考えられます。)


人間が主役の仕組みだとしたら、各個人には、楽しみながら学んで新しいことに挑戦して頂くような社会が理想です。


仲間との交流がデジタルでも現実でも促進される社会が来るとしたら、各個人は自ずと利他的な人々が増えていく必要があると想定しております。


私が目指しているより幸福な社会のイメージは、


各個人は、利他的で、新しい挑戦を推奨しており、

現実世界でもメタバースでも信頼できる仲間に囲まれている状態です。


この考え方に賛同する仲間を集めて実現を目指してます


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#幸福な社会 #メタバース

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示