検索

日本におけるデジタル通貨の登場

日本でもいよいよ本格的にデジタル通貨(デジタルカレンシー)が登場するという記事が日経新聞のトップになっていました。


過去などか記事になっていた気がしていますがいよいよトップ記事になるくらい注目されるようになったのだと思います。


日本銀行が発行するCBDC(=Central Bank Digital Currency)とは異なるようで、


DCJPYと呼ぶそうです。参加するのは主な銀行やディーカレットが中心になってコンソーシアムでまずは企業間決済の一部で実証実験するというような内容の記事でした。


民間が出そうとしたトークンとしてはFacebookがトライして潰されたリブラ(現在のディエム)のようなことになるのか、日本においても普及するのか注目するべき活動だと思います。


素朴な疑問、興味として既に存在しているデジタルカレンシー(つまりビットコインやイーサリウム)との棲み分けが起きるのか、日本国内におけるスターンダードになっていくのか?


CBDCは日本では発行されないのか、もしくはCBDCの登場によりDCJPYはどうなっていくのか?(統合されていくのか?)


などなど、これからの動向に目が離させません。


CBDCと異なりDCJPYはデジタルカレンシーつまり暗号資産と同じ扱いになるはずなので、国内では現在の税務上の取り扱いがいわゆる法定通貨と異なるため、色々と不便な部分がある可能性があります。(この点もどう整理されていくのか興味深いです。)


DCJPYがデジタルカレンシーとして他の暗号資産(デジタルカレンシー)との交換も行われていくのかも興味深い論点です。


色々と新しい動きがありそうな、デジタルカレンシーの記事で今後の動向に目が離せないと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#デジタル通貨 #デジタルカレンシー

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示