top of page
検索

明るいニュースを見つける習慣

明るいニュースを見つける習慣というのは実は難しいと思いました。


人間の脳の性質として、興味があることを自動的に見つけますが、ネガティブなことを見つける機能(人類はこの2万年進化していないそうなので)を持っていることになります。


朝、新聞を読んでもテレビを見ても、もしくは普通に日常生活していても、どちらかというとネガティブなことを見つける機能が動いてしまうのが人間ということになります。


万が一、そのことを30日間意識してみて、積極的に明るいニュースだけ探すことができないか実験してみたいと考えて、最近トライしております。


トライしてみて改めて思いますが、人はネガディブなニュースの方に着目するようで、テレビで流れる、あるいは新聞で報道されているテーマは80%以上はネガティブなニュースの印象です。


脳の性質と逆のことをする訳なので、やってみるともしかしたら物凄いことが起きそうな予感はしておりますので、諦めずにポジティブ脳にすることを習慣にできないか続けてみたいと思います。


どんな、ポジティブな結果になるか、あるいは興味深い結果になるか続けてみてレポートしていきたいと考えております。



面白い実験でワクワクしながら取り組んでみます。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:1回0件のコメント

Commenti


bottom of page