top of page
検索

映像制作と生成系AI

映像制作の業界の方々に、生成系AIの成長のスピードの速さについて教えて頂く機会がありました。


生成系AIと騒がれて恐らく半年ぐらいだと思いますが、テキストを生み出すChatGPTが一気に有名になったのがこの半年だと思います。


画像生成AIについては、密かに半年ぐらいから注目され始めて、動画生成のAIについてはまだまだという感じだったそうです。


半年経過して、画像生成AIはかなり使える、動画生成AIについてもある程度使えるようになったという評価になるそうです。


これまでの凄まじいペースから、あと半年したら動画生成AIもかなり使えるようになるのではないかと評価されており、映像制作の業界の方々も注目するべきであると考えるようになっているそうです。


AIが産み出したシナリオで、AIを活用して映画を作成することが技術的にはあと半年後には実際に可能になるのではないかという仮説になっており、その時に、どのように活用するのか、課題及び、逆に積極的に活用するとしたらどんなビジネスモデルを構築するべきか検討するべきではないかという議論をさせて頂いております。


映画が作成できるということは、いわゆるゲームも構築できるでしょうし、メタバース自体を生成していけるということになります。


AIの進化とAIが産み出す世界は急速に発展していく可能性があり、そのリスクとメリットを分析していく必要に納得という感じです。


継続して、動向をモニタリングしたいと思います。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:0回0件のコメント

Commentaires


bottom of page