top of page
検索

月面着陸の事実は本当にあるのか

真実はいかにというテーマで、コンテンツ業界の方々と議論しました。


それは、有人の月面着陸の事実は本当にあるのかというテーマになります。今から50年前の技術で本当に実現できたのかどうかというのが論点でした。


先日日本のスタートアップが無人でも月面着陸に失敗したという事実もあり、なおさら有人で成功しているということはあり得るのかという議論をしました。


過去の検証がかなりUSではされており、インターネット上の論調としては改めて事実であったとなっているという話をしたところ、


コンテンツ業界の方々らしく、ハリウッドで映画を撮るように作成されているのではないかという点が議論になりました。実は、こちらもインターネット上で検証されており、改めて月面着陸は事実となっているという点も説明しました。


それでも、やはり信用できないということで、議論の結果は、月面着陸はやはり無理だったのではないかということで落ち着きました。(現時点では判定不能なので、人類が月面着陸する日にわかるはずと)


関連する議論として、

これからすごいAIが登場するはずなので、仮に月面着陸がなかったとして、今回のような人類を戦略に騙すことはより容易になっていくはずだということになります。


コンテンツ業界においてもAIを活用したコンテンツ開発は既に取り入れられており、かなりすごいスピードで導入が進むのではないかという意見を言われていました。


AIの時代には改めて、真実を見極める仕組みもとても重要ということが言えるのかと思います。


ブロックチェーンのような技術がAIの発展とともに重要になるという議論でコンテンツ業界ではNFTに注目はしているものの、投機的な要素があるため今後どうなるのかというのを注目していると言われました。


月面着陸については、今後日本のスタートアップが着陸できた時に検証すれば良いというなるほどという結論になりました。


今後も色々と議論させて頂こうと考えております。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page