top of page
検索

未来のAIはどこまで社会を変革するか

マイクロソフトの創業者であり、著名な起業家のビルゲイツ氏によるAIに関する未来予測に関するコメントをみました。


未来の予測としては、AIは人類のパートナーとして活用される未来を予測されており、マイクロソフトが現在提唱している副操縦士の考え方がもっと発展している未来ということになります。


人間に変わり、目的が定義されれば、AIが自動的になんでも目標を達成してくれるというような内容をイメージされており、このような未来がやってくると、人間は一般的な意味では働く必要がなくなるのではないかと思わせるものです。


生活レベルでは、パーソナルエージェントとなるこのようなAIの登場により、検索もすることがなければAmazonも利用することはないという予測をされています。


大きくゲームチェンジをするような技術をスタートアップもしくは既存の大手企業が手掛ける可能性は5分5分ではないかと言われており、こちらも興味深いと思います。


ChatGPTを自動的に目的を定義して活用するAuto GPTなどのすでにプログラムは発表されておりその技術がもっと発展するという予測かといえば、どうも違うシナリオを提唱されているようです。


なお、しばらくはそのような強力なAIの登場に時間がかかるとされており、当面は生成系AIが進化するのがAI市場というのが予測となるそうです。


なお、ChatGPTにも未来のAIについて聞いてみました。


技術的にも経済的にも大きな可能性を秘めているという当たり障りのない答えでしたが、どこまで社会を変革するのか予測は確かに困難なのかもしれないと思います。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page