検索

東大式FPの近未来像

改めて保険業界の営業モデルの状況と、そのモデルをどう変えたいかを書きたいと思います。


保険の営業の現場では、紹介をしてもらうことで見込み客を探すこと、基本的にチームではなく自分で紹介してもらった客は自分で営業していくことを徹底してビジネスモデル(つまりインセンティブ制度)が完成されております。


つまり、一人一人がハンター(狩人)として数字を追いかけるモデルですので、欧米では保険業界のこの姿をSolo Hunter(孤独な狩人)と呼んでおります。


私はこの状況をチームで営業するモデルに変革したいと考えており、デジタルを活用して信頼をスコアリングすることで、現在の保険営業の標準となっている紹介モデルと同じ効果を得ることができないかと考えております。


また、私は当面、人間は人間にサポートして頂くのが良い(デジタルでは無理)と考えており、我々プラットフォームの役割は、信頼できる営業(FPと呼んでおります。)を全国で紹介することであり、我々は、チームとして信頼できるFPをサポートするモデルを作りたいと考えて展開しているのが、東大式FP(=クロスデジタルイノベーション社が提供)のサービスです。


私はこのモデルをTeam Farmerモデルと呼んでおり、顧客及び、信頼できるFPをチームとしてサポートするデジタルプラットフォームの完成が、実は私が目指している姿です。


信頼をデジタルでスコアリング化して、サービス提供をするデジタルマーケットプレイスを作っていくという考え方は、近い将来日本だけでなく国内外で同じようなサービスが提供できるのではないかと考えております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#東大式FP #保険業界 #スコアリングモデル #FP #デジタルプラットフォーム

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示