検索

止まらない円安

今年になり何度か取り上げてますが、日本は金利を相変わらず上げない方針を維持しており海外の主要国との金利差に注目されており、金利差がテーマになっている間はまだまだ円安が進む印象を受けております。


過去、このテーマに詳しいファンドマネジャーの方の指摘も金利を国内で上げない限りは円安が進むという内容でしたので、現在の状況はまさにそのような状況になっております。

円安がすすむことで国内のいろいろなものの値段が上がるというのも海外からの調達コストを考えるとやむ得ない状況であり、更にインフレが進むということになります。日本政府が目指してきたインフレが思いもよらない形で実現していうことになりますが、悪いインフレということになるのかと思います。

海外から見たら、日本がなんでも安くなってますので、コロナの問題がありますがインバウンドが再び戻ってきたら、いろいろな地方は潤うのではないかという予測をすることができます。

現在は残念ながらコロナの問題もあり、インバウンドを積極的に受け入れるというのも難しい状況で、円安、インフレが進んでおり、何か対策をしないといけない状況だと思います。

簡単に金利を上げるということで良いのかどうか専門家の対策に期待したいと思います。

何か良い対策と自分でできることはないか周囲の専門家の皆さんに相談していきたいと思いますが、

できることは、インバウンド回復に備えて、各自治体の準備に協力することかなと考えたりしています。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示