top of page
検索

熱い!AIのテーマ

AIのテーマがこれから熱いはずだという話を伺いました。報道ではAIよりもメタバースやブロックチェーンということになる気もしますが、AIはどちらかといえば、実用化の段階に入っているという意味で、これから主役になるのではないかという話を伺いました。



この数年お世話になっております、AIのテーマの世界的な起業家で、全世界に展開を目指されている方に久しぶりにお会いして、AIを活用した事業の将来性について講義して頂きました。


テーマとして、AIでのユニコーン企業は実は最近減っている印象もあるのですが、改めてグローバルマーケットに対してAIサービスを提供するというビジネスモデルは魅力的なモデルを構築できる可能性があると力説されました。


別の有名なクラウドインフラの会社の国内代表の方が同じようなタイミングで国内企業の課題として、データ活用がまだ苦手ということがあるそうです。データは溜めるということに関しては取り組んでいる企業が増えているそうですが、そのデータを活用したビジネスモデルを構築することに長けている企業は国内では非常に少ないそうです。


AIの時代に、必要なことはデータの活用ということで、国内のマーケットでは改めて、データ活用したビジネスモデルが本格的に登場するのかもしれないと考えさせられております。


データの活用には、改めてWeb 3.0的な考え方で進めるのか、GAFAMのような考え方で進めるのか、論点整理が盛り上がっていく気もします。


AIは単なるブームからもしかしたら、AIを本格的に活用する時代が国内にもやってくるのかと思います。


AIに関しても専門家の方々をうまくネットワークして、社会貢献できるようなモデルの構築に私も貢献したいと志を新たにしております。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page