top of page
検索

生成系AIを活用したマーケティング

色々なスタートアップにお会いしてきましたが、すごいエンジニア集団を世界でネットワークされている企業にお会いしました。


まだ、知名度がない会社ですが、今流行している生成系AIやメタバースに関して具体的なプロダクトを既に用意されており、これから少しマーケティングを上手にされてたら一気に成長するのではないかという印象を受けました。


生成系AIが改めて物凄い革命であることを理解されており、上手に活用してこれまでの顧客応対のやり方を大幅に刷新する仕組みが既に実装されています。


テクノロジーの過信をいう意見もありますが、今回の生成系AIの威力は私が考えていた以上に素早く、実は低コストで、かつ懸念されているセキュリティに関しても現時点で考えうる対策が整理されていますので、今時点でも凄いと思いましたが、これから半年先がどうなっているのか、とてもワクワクする状態と言えるかと思います。


顧客の対応に活用できるということは、マーケティングにも活用できることが既にわかっていることと、各個人から見て便利な機能を提供することが可能です。


これまで存在している知見を素早く整理すること、具体的にはChatGPTがカバーしていない専門的な知識を整理して、提供する仕組みには時間とお金がかかるのかと誤解していた部分が私にはありました。


まだ理解が不十分ですが、専門的なLLM(大規模言語モデル)の構築をする必要はなく、今回の革命の根幹の1つであるベクトルDBという技術を活用することで、現在のChatGPTの弱点である専門的な知識の補完は簡単にできることがわかりました。


私が実現したいと考えておりました、各個人の情報に対して的確なアドバイスを提供すること、的確なアドバイスを次世代のメタバース空間で行うことがすぐにでも可能であるとがわかりまして、是非、すぐに実現することを提案していきたいと考えております。


AIを活用して、見込み客を集めて、AIを活用して各顧客にとり必要なアドバイスを行い、AIを活用して何らかの購買(専門家のアドバイスが必要と言われている各テーマ)を推奨する仕組みはもう目の前まで来ているということに驚いております。


素晴らしい出会いを導いて頂いた方々に感謝しております。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page