top of page
検索

盛り上がるCBDC

最近の報道では、暗号資産については、有名なFTXの破綻もあり先行き不透明ということになるかと思いますが、

いわゆる、CBDCと呼ばれる中央銀行が発行するデジタル通貨については逆に盛り上がって来ているという印象です。


日本銀行も研究しており、来春から実証実験を行い、2026年ごろを目標に導入の意志決定をするというロードマップになっているようです。


どのような通貨が世界の標準になるのかということを予測するのは難しいですが、このままビットコインに代表された暗号資産は廃れるのか、CBDCと呼ばれる国家レベルで発行される通貨が最終的に主役になっていくのかはとても未来を予測していく上で、重要な論点かと思います。


FTXの破綻に伴い、ハッカーによる攻撃も激しくなっているようで、改めてセキュリティレベルを高めることが重要になっていくと思います。


暗号技術に関しては量子暗号が近いうちに登場すると言われており、どのように社会に実装されていくかで、CBDCの先行きにも影響があるということになります。


国内においては、すでに発行されているポイント総額が1兆円を超えるレベルで普及しているという論点もあり、


デジタル技術を活用した流通する価値がある存在をどのようにセキュリティ的に守り、利便性を高めていくのかという技術競争が、今回の日本銀行が開始する実証実験は注目するべきテーマだと思います。


フィンテックのテーマの1つとしてCBDCが今後加わることでエコシステムも変化していくと想定されます。


フィンテック業界としては最も注目するべきなのかと考えております。



暗号資産がどのような姿になっていくのかも注目ですが、CBDCの登場でWeb 3.0の世界も変化していくということになるかと思います。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page