検索

続:現代のお金の致命的弱点

お金の弱点について前回は考えてみましたが、その続きとなります。

お金の弱点を解消することがSDGsへの近道という気づきは私にとっては大きな気づきです。


私が目指していることもSDGsであること

そもそも、暗号資産を活用して世界を変えることを目指しておりますので


必然的に、お金の弱点を解消することは私が目指しているプロジェクトの根幹になるということになります。


お金の弱点とその対策ですが、現在の仮想通貨の弱点も含めて解決を目指すとしたら


1)価値がある状態を作る、或いは価値があるものを根拠(お金ではペッグと呼びますが)にする


2)借金には依存しない、これについては仮想通貨を使えば解決です。(これだけでも本当に物凄いイノベーションだと思います。)


3)仮想通貨の弱点である価値が安定しない部分を解決する

つまりステーブルな仮想通貨の発行を目指す


となります。


具体的に考えているのが現実の世界の価値をNFTでデジタル空間にコピーしていくこと、或いは、更に新しい価値を創造することです。


現実の世界で価値があると認められているゴールドを活用することも考えております。


デジタル空間に色々な価値を投入してその価値を根拠にした暗号資産を発行するというのが考えておりますステップですが、


1)協力をしてくれる他の暗号資産も1つのプール(このプールには現実世界をコピーした色々なアセットがNFTとして存在しております。)に入れます。


2)プールにペッグした新しい仮想通貨を発行します。


3)新しい仮想通貨を担保にしてステーブルトークンを発行します。現実の目標としてUD$及びJPY¥と等しい価値があるステーブルトークンを発行する


となります。SGDsの実現に向けて完全なお金となるかはまだわかりませんが、これまでのお金をUpgradeできる可能性があると考えております。


本日の考え方は、暗号資産産業の流れとして皆さんが狙っていることであり、方向感としては間違いないのではないかと感じております。


実現には、既に存在している法定通貨との関係を整理していく必要があります。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#お金の弱点 #仮想通貨 #法定通貨 #SGDs

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示