検索

自治体との取り組み

縁があって自治体巡りを現在しております。


国の戦略としてはデジタルを活用して地方自治体を盛り上げるということになっておりますので、色々な自治体に訪問してその状況を教えて頂いている形に結果としてなっております。

まだサンプルが少ないので全体として正しいのかは不明ですが、課題は日本なのでほとんど同じであり、その対策についてもこれまたほとんど同じになるという傾向はやはり言えるのではないかと考えております。

少子高齢化の問題、自治体として産業誘致をして経済を盛り上げたい、災害時の対策(防災)、健康増進を自治体として行いたい、MaaSと呼ばれる各自治体における移動手段の確保などが共通する課題で必ず上がる感じです。(こちらは、スーパーシティ構想において解決するべき課題で全てリストアップされておりますので、必然的に課題となるとも言え


課題に対してデジタルで何ができるかを提案して回っておりますが、我々の提案は3つのステップとなっております。


1)各自治体の市民の参加を集める。こちら具体的な健康増進の仕組みも含めてリアルな取り組みを提案しています。あらゆる年齢層の方々に参加して頂くイベントを企画して実施して盛り上げる

2)各自治体のデータをデジタルを活用して整理及び活用できるようにする。各自治体に加えて、その周辺にある企業群の情報もデジタルで活用できるように整理する

3)デジタル経済圏の確立。このフェーズにおいては、小さな自治体をつなぐ方法としてメタバースの活用も提唱しています。そして、独自の経済圏を構築していくことを提案しています。


この時点で、既に1から3まである程度見えていて、デジタル的な部品を揃えているのが今回私が手伝っているチームが持っている強み(=すごいところ)だと考えております。


実際には、自治体がやってみたいと言っていただけないと進まないので、今後、デジタルで自治体を変えたいとう自治体のリーダーを発見できないか活動していきたいと思つております。


日本の自治体を盛り上げる方法はいろいろなトライが今後されているかと思いますが、その取り組みの1つとして私も微力ながら頑張りたいと考えております。


このような活動は私がやりたかったことなので、チャンスをくれた方々に大変感謝している次第です。


藤井秀樹

株式会社クロイス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示