検索

金融プラットフォーム

新聞で見つけた記事になりますが、金融プラットフォームを運営する会社をりそなグループが主導して立ち上げた(FinBase株式会社)ことが記載されてました。


なお、調べてみたら少し昔(2022年2月ごろ)に会社自体の立ち上げはアナウンスされており、少し遅れて記事になったような形のようです。

APIを活用していろいろなフィンテック企業を育成していくというテーマは世界には人気のテーマで日本が比較的遅れていると言われていると思います。

銀行ラインセンスを持たない組織が銀行に挑戦するネオバンクや、新しい形の銀行が既存ビジネスに挑戦するチャレンジャーバンクというのが世界的にはフィンテックの世界では盛り上がっていた(過去形)おり、その流れの延長戦と思いますが、現在話題のWeb 3.0も登場していると流れを理解しています。


各個人から見たら、便利になれば、いわゆるAPIでデータ連携をしてもらいデータ活用する形でも問題ないとも言えますので、今回の記事にあるような金融プラットフォーム会社が今後も強いのか、政府が後押しをしていると言われているWeb 3.0型のプラットフォームが少し割り込めるのかという競争もあるかと思いますが、


理想的には一気には、どちらの陣営でも難しいと思いますので、まずはハイブリットでオールジャパンで良い仕組みを目指していくのが良いと考えております。


記事には記載がなかったため関係性は不明ですが、別の流れで「ことら」という新しい決済ネットワークも今年の秋にデビューすることになっていたと思いますので、海外と比べて少し遅れている(もともと、銀行がしっかりとしたビジネスモデルを確立していたためとも言われてますが)日本からフィンテックのビジネスモデルが確立されることを願っております。


フィンテックの世界の潮流はデータを活用したモデルとなると思いますので、データ連携、データを活用したビジネスモデルの確立競争になるのかと考えております。


私が考えたのは、いわゆる情報銀行ですが、当時からWeb 3.0型の情報銀行を考えており、なかなか説明しても理解して頂けないということが多かったですが、今は完全に流れはきていると思います。

微力ながら、私としてはその流れに貢献できるように努力していきたいと考えております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#金融プラットフォーム

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示