top of page
検索

革命的なAI

AIの進歩はすごいと言われておりますが、現時点での課題は正確性ということになるそうです。


有名なChatGPTはどんな質問をしてもそれらしい回答をすることで今や、有名大学の試験でも合格するレベルとなっており、その能力はテーマによっては人間を既に超えているということになるかと思います。


そのため、現時点では使いこなせると協力な武器となるのも事実なので、利用自体を制限するべきという議論と、正確性を担保するためには、そのまま使ってはならないという議論がされています。


人間の知見をどこまで、抽出してコピーできているかというのが今回のChat GPTの能力の本質という議論をさせて頂いておりまして、折角なので徹底的に使えないのか、活用方法を整理してみようという議論を現在、チーム内でさせて頂いております。


ChatGPTのつまり弱点となる部分を補強して、強みを活かすことができると、ビジネスにおいて物凄いことが起きるはずという仮説となります。


ビジネスで活用するという意味で、特定の業界や特定企業の情報をChatGPTで活用できるように整理して活用できないかというプランの検証をしていくことを考えております。



ビジネスというテーマへの提供を現在考えておりますが、おそらく各個人から見たら、資産形成や健康増進というテーマにChatGPTを安心して使えるようになるとすごいイノベーションだと考えており、


ChatGPTの活用のB to Bのテーマを整理しながら、B to Cへの適用も早期に議論されていくのではないかと考えております。


AIの活用をゲームのように捉えてみるのが良いというアドバイスを頂いており、楽しみながら情報を集める仕組みが今後でてくる可能性というのもあるのかと想定しております。


ChatGPTは色々な観点で革命的なAIだということが、言われておりますが、そのように言われている理由がだんだん腑においてきております。もっと研究してみます。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page