top of page
検索

AIを活用したリモートワーク

オフィスで集まって働く時代がこれまでは主流でした。コロナの影響もあり、一気にリモートワークが広がり、現在の流れとして、そのままリモートを継続しているケースと、逆にリモートワークだと生産性が下がるということで、オフィスに集まるルールになっている企業もあるという状況になっております。


メタバースの時代が来るとしたら、改めてリモートワークの定着と関係してくるのではないかと考えております。メタバースの時代において、活躍するのが、改めてAIとなるのではないかという意見を伺いました。


メタバース空間における音声データをどのように保護するかという議論もありますが、一方で、メタバース空間で話されている内容を意図的にAIで分析もしくは、AIがサポートするような仕組みの構築は可能で、今後プロジェクトを行うなら、リモートでAIと一緒にメタバース空間で行うというようなことも一般的になるのではないかという仮説を習いました。


既に登場しているGenerative AIと呼ばれる技術を上手に活用したら、既にかなりのレベルで上記で記載したようなリモートでAIを活用して働くは実際に可能となるとも言えると指摘をされてました。


ほぼ全てのプラットフォーマーがAI開発競争に参加しており、今後意外に短いスパンで、すごいAI(更に。思いも寄らないレベル)が登場する可能性はあると言えるため、具体的には今後半年のレベルでAIの成長がどうなるか注目してみるべきということになるそうです。


オフィスでの働き方がリモートになって、更にメタバースが入ってくる時代において、AIの急激な成長が重なるため、少し先を予測することも困難な位の働き方の変化に注目するべきというアドバイスを人生の先輩から頂いた形になります。


改めて、リスキリングは必須の時代になっており、私より二回り先輩からの意見を頂けるのはありがたい限りだと思います。


新しいことを学べることは人生を幸福にすることの1つだということも習いまして、複数の観点から感謝をしている次第です。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page